ディズニー Web3戦略の拡大に伴い、クリプト、NFT、DeFiに関する法律顧問を募集

  • 2022年9月27日
  • 2022年9月27日
  • web3
  • 115view
画像引用元:Canava

ウォルト・ディズニー・カンパニーは金曜日に、NFT,分散型金融(DeFi),メタバースなどの「新興技術」を専門とする弁護士の求人を掲載し、ディズニーのエコシステム全体におけるより幅広いWeb3拡張を示唆しました。暗号空間への進出を目前にしている可能性があります。

弁護士の求人に関する詳細

ウォルト・ディズニー・カンパニーの法務部内で運営されるこのポジションは、NFT、ブロックチェーン、メタバース、分散型金融などの新興技術を含む取引に取り組む 経験豊富な企業弁護士を求めています。

職務内容としては、「グローバルなNFT製品に関する製品ライフサイクル全般の法的助言とサポート」などが含まれます。

このポジションは、同社の事業部門にわたるグローバルなNFT製品に関するライフサイクル全体の法的助言とサポートを提供し、米国および国際的な法律や規制への準拠を確保することになります。具体的には、”NFTのプロモーションと販売に関連する証券法の問題を評価する “ポジションとなります。

その他の職務には、「NFT、ブロックチェーン、サードパーティマーケットプレイス、クラウドプロバイダープロジェクトのデューデリジェンス」、暗号通貨関連事項やデジタル通貨に関する通常の法的助言、新興技術に関連したディズニーの取り組みの指導が含まれます。

ディズニーがWeb3に関する法律顧問を採用する狙い

この採用は、製品、エンジニアリング、技術、IPを含む他の法務およびビジネスチームと協力し、”新しいグローバル新興技術プロジェクトを計画する際にビジネスチームと提携し、通常は加速して積極的なスケジュールで行う “ことになるとのことです。

法務以外もWeb3専門家を積極採用

ディズニーはここ数ヶ月、暗号の要素を多くの事業部門に統合するために、Web3に焦点を当てた幹部の採用を加速させています。2月には、メディアとテクノロジーの戦略家であるMike White氏を、メタバース戦略をリードする次世代ストーリーテリングと消費者体験の上級副社長として任命しました。

元アップルのゲーム担当も採用

6月には、次世代ストーリーテリング担当副社長として、元アップルのゲーム担当重役マーク・ボゾン氏を迎え、「ゲーム、映画、テレビ、おもちゃ、パーク、その他」といったビジネス分野にわたる計画実行の責任者になるようです。

決算説明会でディズニーのWeb3計画も発表

2021年11月に行われた同時期の決算説明会でボブ・チャペックCEOは、ディズニーがWeb3の野望を “再生するだけの受動的なタイプの体験ではなく”、”よりインタラクティブな前傾姿勢で能動的に関わるタイプの体験 “と考えていると述べ、同社の今後5年間について概説しています。

仮想空間のテーマパーク

7月、ディズニーは、アクセラレータプログラムが今年、拡張現実、NFT、人工知能キャラクターを含む「没入体験の未来構築」に焦点を当てることを発表しました。

特許申請書によると、ディズニーがメタバースに進出する可能性があるのは、テーマパークの来場者が携帯電話を使って、壁やその他のオブジェクトなど、近くの物理的空間にパーソナライズされた3D効果を生成し、投影することであるというようです。

報道された時点では、「仮想世界シミュレーター」特許を使用する「現在の計画」はありませんでした。

ディズニー自体、Web3企業との提携を模索

今年初め、同社は「2022 Disney Accelerator Program」で拡張現実(AR)、NFT、人工知能(AI)に焦点を当て、その事業開発プラットフォームの恩恵を受ける「成長段階」の企業6社を選定した。

今年のプログラムに選ばれた企業には、レイヤー2スケーリングプラットフォームのPolygonと、ユーザーが拡張現実(AR)を通じてNFTを発見できるWeb3アプリケーションのFlickplay、クリエイターとブランドをつなぐWeb3ストーリーテリングプラットフォームのLockerverseという2つのWeb3プロジェクトが含まれています。

最新情報をチェックしよう!
>運営者情報

運営者情報

NFT METAまとめ運営事務局
運営会社