スターバックス、新規顧客獲得に向けWeb3による特典プログラムを来月公開

  • 2022年8月4日
  • 2022年8月4日
  • web3
  • 75view

世界的なコーヒー大手のスターバックスは来月のインベスター・デイのイベントでコーヒーを含むWeb3構想を発表する予定であることが分かりました。

顧客の獲得と維持のために新しいWeb3報酬プログラムを開始しようとしていると、同社のハワード・シュルツ暫定CEOは述べています。

インベスター・デイは、2022年の9月13日にシアトルで開催されます。

Web3プログラムの概要

新しいデジタル・ネットワーク効果が生まれ、新しい顧客を引き付け、中核となる小売店の既存顧客にも付加価値をもたらすものになるようです。

この計画はマルチチェーンまたはチェーンにとらわれないものになりそうだと述べ、まだ確定していない計画をほのめかしています。

スターバックスがWeb3に参入した背景

スターバックスは、今年の初めに、Web3領域への参入計画を発表し、そのNFTが単なるデジタルコレクティブとしてではなく、所有者に限定コンテンツやその他の特典へアクセスを提供することに言及しました。

Web3について従業員からの反対

スターバックスWeb3構想の関係は、従業員から熱狂的に支持されているわけではありません。5月、NFTに関するセクションを含むプレゼンテーションの最中に、「マーク」と名乗る技術者と称する従業員が、NFTが環境に与える影響を理由に同社の計画に反対する声を上げたということがありました。

Web3プロジェクト第一弾-デジタル・イニシアチブ

シュルツ氏は、火曜日に行われた同社の第3四半期決算説明会で、スターバックスが同社のロイヤルティプログラムを発展させた新しいWeb3の「デジタルイニシアチブ」を間もなく発表すると述べました。

デジタルイニシアチブとは?

強力な消費から獲得へのアプローチである現在のリワードのエンゲージメントモデルをベースにしながら、顧客を感情的に惹きつける新しい方法になるようです。

現在、顧客はアプリやスターバックス店舗での購入でスターを獲得し、無料ドリンクなどの具体的な報酬に変換することができる。今回のNFTは、どうやらこのロイヤルティプログラムの一部に組み込まれるようだ。

スターバックスがWeb3に参入する狙い

Web3への移行はスターバックスの顧客層のうち若い側を引き付け、維持するための努力の一環であるようです顧客基盤が高齢化し、若い人たちとの関係が希薄になることを避ける狙いがあるようです。

Adam Brotman氏のプロジェクトへの参加

画像引用元https://stories.starbucks.com/

スターバックスアプリとモバイル注文・決済サービスの開発者のAdam Brotman氏がNFTプロジェクトの特別アドバイザーとして参加することが決まっています。

同社は、Apple Payが普及する以前から、デジタルウォレットの概念をいち早く導入していました。モバイル決済の普及が進むにつれ、スターバックスのモバイル注文も伸びています。前四半期(スターバックスの会計年度第3四半期)では、モバイル注文、デリバリー、ドライブスルーの合計がスターバックスの米国での収益の72%を占めた。

最新情報をチェックしよう!
>運営者情報

運営者情報

NFT METAまとめ運営事務局
運営会社